レッテルを貼らない

よくある診断モノの副作用のひとつに、「レッテルを貼ってしまう」というものがあります。

人を分類する系は特にそういった傾向が見られますね。

「あの人は双子座だからこうなんだー」とか、
「私はA型だからー」とか。

そうやって、ひと括りにしてしまいがちになります。

 

このように、カテゴライズしてレッテルを貼ってしまうと、
それ自体が人間関係を阻害してしまうことになると考えています。

 

 

エレメンツコードのイベントや個人面談ではほぼ必ず話しますが、
ですから、僕はなるべく「分類」「カテゴライズ」「レッテル貼り」をしないようにしています。

 

あくまで、4つのエネルギー、その全てが存在する前提で、

「今この瞬間(アンケート回答時)にどういうバランスになっているか」

ということを見るのを大切にしています。

 

例えば、ある時は「水」のエネルギーが強い結果になった人でも、
ある時には、「今はこもって集中したい」ということだってあるでしょう。
それが人間の自然な動きでしょう。

ですからそういう時、エレメンツコードでは、
「あぁ、今は『火』のエネルギーが高まってきているんですね」
というふうに捉えるようにしています。

 

逆に、こうした時にやってはいけないと思っていることが、
「あの人は『水』の人『なのに』集中したいなんておかしい」と捉えてしまうことです。

そんなことはないはずです。
確かに、「集中力が持続しない」傾向にあるのが「水」属性ですが、
でも人間、集中したい時だって、あるでしょうに。それは自然なことです。

ですから、そうやって人にレッテルを貼って決めつけてしまうことは、
逆に、「理解」から遠のいてしまいます。

 

勿論、「水」の性質が元々きわめて強かったはずの人が、
ある時珍しく「火」の性質の行動を取ったら、場合によっては心配になります。
少なくとも、そこに大きな変化が起きているからです。

でも、そうであるならば、

「本来そんなに得意じゃないはずのエネルギーを使っているから、心に負荷が掛かっているかもしれない。
あんまりにも長時間に渡ってその状況が続くようなら、息抜きに誘ってあげよう」

というように、気にかけてあげればいいだけの話なのです。

 

 

 

 

 

なお、勿論、時には便宜上、人を分類して呼ぶこともあります。
「あの人は『火』の人だよね」みたいなことです。

しかし、やはりここで誤解しないでいただきたいのは、
それをする目的は「レッテル貼り」じゃないということです。

 

これは、

「こういう行動を取るということはあの人は『火』の性質が強そうだ」
↓ ↓ ↓
「あの人は『火』属性の人だ」
↓ ↓ ↓
「ということは『火』属性に分類される他の考え方や行動もする可能性が高い」
↓ ↓ ↓
「ということはこうしてあげたら喜ぶかもorこうされたら不快に思うかも」

というように、取るべき行動にアタリをつけるためのものです。
あくまで、円滑な関係性を築くために「仮」でラベリングするのです。

 

ですから、表面的な行動から「属性かな?」と思われた人が、
実際には「の性質の方が強い」みたいなことだって、よくあります。

「地」の方が強いけど両方持っているから「火」の特徴も見られたのかもしれないし、
ただ単に今は「火」の方に偏ってる時期だったからそう見えはしたものの、
本来は「地」が第1アイデンティティかもしれません。

 

しかしながら、少なくとも、
がされて喜ぶこと」よりも、がされて喜ぶこと」をやってあげた方がいい、
というような判断ができるわけです。

そういうことをするための、ラベリングなのです。

 

 

 

それに、そもそも、第1アイデンティティが「火」の人間が、
「全員同じ考え方をする」と思ったら、それは大間違いですから!!

少なくとも「火」が強い人には共通するものが多い、というだけで、
「火」の強い人たちがまったく同じになるわけがありません。

他人同士だってそうですし、自分自身だって、ずっといつも同じ考え方で固定されるわけではありません。

 

 

 

ですから、エレメンツコードでは、「数字」で各エネルギーの強さを算出しているのです。

 

例えば、
「火」が100を振り切って実は200くらいいってる人と、
「火」が高くても80くらいの人とでは、
もし同じく「第1アイデンティティは」だったとしても、違いはあるわけです。

そういったことを、エレメンツコードは複合的に見ています。

 

 

「難しい」「理解できない」と仰る方も沢山いらっしゃいますけども、
だって、そもそもそんな簡単じゃないものを表現しているんだから、当たり前です。

現在のエレメンツコードのコンセプトは、「心の見える化」ですから。

心がそんなに単純なはずがありませんもの。
むしろ、かなり単純化した方ですよ。

 

 

 

 

そういうのがあるので、トイダスの簡易診断も、まぁ面白がってやってくれる分にはいいけれども、
本当はあんまり、あっちにフォーカスをされたくないんですよね・・・・

「私、だったー!」「おれー!!」

というような分類診断で満足するレベルだったら、
エレメンツコード以外にだって、色んな類似品がいっぱいあるじゃないですか。

それはそれで大切なんですけれども、そこで終わりにしたくないから、
わざわざ複雑なところに踏み込んで、「今まで誰もやらなかった切り口」で開発したんですから。

 

 

 

 

さらにもっと言えば、エレメンツコードは、性格・性質診断がポイントでもありません。

たまたま、そこが一番取っ掛かりやすかったというだけで・・・・
僕が10年以上考えてきた属性の理論とは、「万物」に通用するものです。

人だけでなく、「場所」や「物」にも性質があり、それによって「相性」があります。
スピリチュアルや風水に代表される、「目に見えないエネルギー」そのものを捉えて、
「目に見えるようにしよう」とするのがこのツールのコンセプトです。

 

僕にとっては、スピリチュアルを信じる信じないの議論というのは、
「人に心があることを信じるか信じないか」っていうのと同じなのです。

信じる信じないとか以前に、心は、「ある」ものです。
けれども、「捉えられない」というだけです。
スピリチュアルとかそういうのも全部同じ。
「信じる」とかじゃない、「ある」んです。

 

古来、人間は、様々なこの世界の「理」を、「捉えられる」ようにしてきたことで、
どんどん文明を前に進めてきたわけですが・・・・

それと同じようなことを、僕もやろうとしているだけの話なのです。

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、□トイダスのサイ...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事