属性別の恋愛傾向を知ることでコミュニケーションをスムーズに

恋愛に限らず何でもそうですが、エレメンツコードの基本的な考え方として、
「どの属性が良い/悪い」というものはありません。

強いて言えば、どの属性にもポジティブな面とネガティブな面があり、
良い方向にエネルギーが向かえば楽しくて幸せなことが多く起こり、
悪い方向にエネルギーが向かえばトラブルを招くことになります。

 

こと恋愛においては、普通の人間関係よりももっと深い関係性を結ぶことになるため、
お互いの持つ性質が、表面的な部分だけでなく、時にはネガティブなところまで出てくるものです。

幸せなパートナーシップを結んでいられるうちは・・・・
言い換えれば、「ただトキメキで楽しくいられるうち」は・・・・
相手がどんな属性の人であっても、
素晴らしく魅力的であり、素敵に感じられるでしょう。

ですが、恋愛なんて何があるか分からないものですから、
悪い方向に転んでしまった時は・・・・

どんな属性の人でも、悲劇的な状況を作り出してしまいかねません。

 

 

だからこそ、自分を知り、相手を知り、
良いパートナーシップを取れるよう心がけていきたいですね。

良いところは勿論ですが、ネガティブな側面においても、
自分や相手がどんな性質傾向が出やすいのか分かれば、
対応しやすくもなるでしょう。

 

というわけで、今回は、属性別の恋愛傾向について、です。

 

 

属性別のよくある恋愛傾向

「風」属性によくある傾向

matrix_kaze

貢献欲求の強いこの属性の人は、相手が喜ぶことをどんどんやります

好きな相手の笑顔が自分の原動力だと言わんばかりにプレゼントをしたり、
サプライズを考えたりすることが大好きです。

一方で、自分自身を磨くことにも余念がなく、
「相手にとって理想的な(自慢の)パートナーであろう」という努力も欠かしません。

 

しかしながら・・・・
相手の内面に目を向けるのがやや苦手であると同時に、
ステータスやスペックなどの外側に表れてくるものに目がいきがちな部分があります。

一緒にいる相手の気持ちに配慮して汲み取ってあげたり、
細やかな気遣いをしたりというのも、基本的には苦手です。

また、恋人も引っくるめて自分自身のアイデンティティと捉える傾向があるので、
自分の要求に答えてくれない(自分についてきてくれない)相手に対しては、
すぐに失望して愛情が冷めてしまうケースも多くあります。

 

 

「水」属性によくある傾向

matrix_mizu

感性や感覚が4属性の中で最も鋭いこの属性の人は、
人を好きになりやすく、自由な恋愛を好みます。

一緒にいることでいかに楽しいか、わくわくするかを重視し、
自分がそうであるように、相手のことも楽しませようとします。

また、包容力も高く、相手を受け容れて癒すこともできます。

 

ただし、その時の感情や感性が全てであるため、雰囲気に流されやすく
特定の相手以外とも深く考えずに関係を持ってしまうこともあります。

そこまでいかずとも、とにかく「楽しさ」や「歓び」「嬉しいこと」に敏感なため、
刺激が少ないとすぐに相手に飽きてしまうということも起き得ます。

さらには・・・・浮気性と言われたり、恋愛に依存しやすいのも、この属性の傾向です。

本人としてみれば、いつでも一生懸命に恋愛をしているつもりなのですが、
気持ちが相手に伝わらなかったり、相手に受け止めてもらえなかったりして、
寂しい想いをすることが多いのも、この属性の人によくあるケースです。

 

 

「地」属性によくある傾向

matrix_chi

安心や安定を大切にするこの属性の人は、とても穏やかな恋愛をします。

男女ともに相手への気配り・目配り・心配りがうまく
細かなところに気が付いてフォローができるため、
進んで相手の世話やサポートをするようになります。

「結婚したら幸せな家庭を築きそう」と言われるのは、
この属性が強い人によくあることです。

それくらい、落ち着いていてちゃんとコミュニケーションが取れ、
安定感のある付き合いをすることができます。

 

トラブルが起きやすいのは、気配りが悪い方に転んで、
「束縛」に発展してしまう時です。

安心感を求める気持ちが強すぎるため、それが過ぎるとルールや制限を強く押し付け、
相手を縛り付けてしまうことになります。

少し連絡が取れないくらいで疑心暗鬼に陥り、
しつこく連絡をしたり、相手のスペースに深く入り込み過ぎたりと、
「重い」状態になってしまうことも・・・・

また、相手の世話を焼き過ぎてしまうために、
特に女性の場合は、相手を「ダメンズ」にしてしまうこともしばしばあるようです。

さらに、変化を嫌う性質が強いゆえに、
「落ち着いている」を「つまらない」と捉えられてしまうと、
相手から遊ばれてしまったり、飽きられてしまうこともあります。

 

 

「火」属性によくある傾向

matrix_hi

こだわりが強く一本気なこの属性の人は、とても一途な恋をします。

そもそもこの属性の人にとっては、誰かを好きになること自体が、
普通の人と比べるとハードルが高いところがあるのですが・・・・
その分、1度好きになると、その熱はすぐには冷めず、
ずっと一途に愛し抜くことができます。

 

その反面、なかなか自分の想いを相手に伝えたり、
うまく表現したりすることができないことも多々あります。

寡黙さや頑固さもこの属性の持つ性質なので、
相手からは「何を考えているか分からない」と言われてしまい、
コミュニケーション不全に陥ることも多いパターンです。

また、一方的に想いを募らせ過ぎてしまい、
独り善がりな恋愛になってしまうこともしばしば。

悪化しすぎると、相手への固執が、
「ストーカー」的な状態にまで発展する恐れも、
この属性の性質が強い人にはよく見受けられます。

 

 

 

恋愛においてお互いの属性を理解することの大切さ

ちなみに、こうした恋愛傾向は、潜在的なエネルギーだけでなく、
表出属性(相手から見られている自分)や、志向属性(こうなりたい理想の自分)にも深く関わってきます。

つまり、自分自身で思う、「自分が持っている本当の性質」と、
「恋愛の場面で相手に見せている(見せたい)性質」とが、
しばしば違ってくるということです。

相手に合わせようとして自分を変えたり、
背伸びをしてみたり、そういうことが、恋愛では日常茶飯事ですね。

 

しかしそれは、ある意味、悲劇的な展開をもたらすこともあります。

 

例えば・・・・

元はロジカルで「火」が強かった男性が、
もっと相手の女性の気持ちを分かろうと思って、
「水」属性を伸ばしていった結果、浮気をするようになってしまったり・・・・

その逆に、感情や感性で生きる「水」の女性が、
相手の男性に寄り添おう「火」のエネルギーを高めていった末に、
周りが見えなくなり、ストーカーチックになってしまったり・・・・

 

 

とりわけ、元々自分が苦手としている属性エネルギーを高く出そうとすると、
そこには、得意なエネルギーを発揮する時よりもずっと大きな負荷が掛かります。

その負荷の大きさによって、その無理やり発揮している属性については、
ポジティブな側面よりネガティブな側面ばかりが表出してしまう結果に繋がるのです。

 

 

 

勿論、コミュニケーションをもっとうまく取れるようにするために、
パートナーシップの質をもっと高くしていくために、
「自分が苦手とする属性の性質を発揮することも頑張ってみる」
というのは、とても素晴らしいことです。

そうやって、相手に歩み寄ろうとするスタンスは、
恋愛に限らず人間関係においては、とても重要なことです。

 

でも、だからこそ、無理をし過ぎないように、気を付けていただきたいのです。

自分の良さを殺してまで、相手に無理やり近づこうとする恋愛は、
なかなか幸せな結果には辿り着きにくいもの。

大切なことは、
自分の属性と相手の属性を、
「お互いに」理解し合うこと。

「相手にこうなってもらいたい」
「私が相手に合わせてこうならなきゃ」
ではなく、自分と相手のお互いのありのままを認め合い、
そのまんまで大切に想い合えることが大切なのです。

 

その上で、やっぱり好きな相手、大切な相手ですから、
無理せず少しくらい相手の属性に自分も歩み寄っていけたら、
よりパートナーシップは深まっていくと思います。

 

 

この「よくある傾向」だけでは、全ての恋愛は語り切れませんが・・・・

ひとつ、幸せな恋愛をするための、参考にしてみてください。

 

 

 

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、□トイダスのサイ...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事