エレコ使い0期生のはらひろです。

 

 

 

属性と属性。

 

対極の属性の人間たち。

 

お互いが、どこをどう理解し合えば良いのか?

 

人間関係のお悩みを解決するには人間理解を深めること!

 

ということで、

対談形式で理解を深めていこう!という企画を実施。

 

エレメンツコードの体験者限定コミュニティ『エレコミュ』で限定で、無料動画セミナーを配信しました。

 

 

内容は、

①火人間の立場で水人間とどう付き合っていくか?

②水人間として火人間とどう接したらいいか?

でした。

 

 

ポルカを使って投げ銭制でしたよ(^^)

11/13現在まだ投げ銭受付中です!

"エレコ使いメンバーズから感謝の気持ちを!"を支援のおかえしとして受け取ることができます。

動画セミナーやりました

 

左から

たくま…(エレメンツコード開発者)

はらひろ…

みそら…

まりぽ…

と並んでます。

 

 

ではでは、早速!

テーマ1 思った時に思ったことを言わせてほしい

思った時に思ったことを言わせてほしい

1個目のテーマは、属性のそんな主張。

 

水属性ちゃん

 

『思いつくから言いたい』

『感覚で(言葉が)出るから聞いてほしい』

『言わないと(言葉が)過ぎ去る』

 

 

属性は

思い立ったが吉日!

鮮度が命!

みたいなスピーディーさ。

 

その主張に対して火属性の疑問

火属性くん

『(言いたいことを)貯めておけないの?』

 

 

言いたいことを貯めておいて、塾考して話さないの?

という疑問が属性としては湧きます。

 

 

が、

水属性ちゃん

 

『そんな機能はない!』

『貯めたら(言葉が)なくなるからから貯められない』

『口に出して人の耳に入れたい』

 

とにかく、思いついたら言葉を出したい!

言葉を出すのは使命!

くらいの勢いでした。

 

 

さらなる疑問

火属性くん

『ちょっと黙って忘れるくらい内容なら、別に言わなくてもよくない?』

 

重要なことだけ相手に伝えたら良いんじゃない?

そんな風に属性は考えます。

 

 

それに対して…

水属性ちゃん

 

『「重要度」とか「レベル」とか「正しさ」とかじゃない』

『水は感じてることが全て大事!』

『思いついたことを言わないとその後のことが全く入ってこない』

 

 

こんな感じで平行線でした。

 

 

感じたらすぐに言葉を出す⇔塾考する、言葉を貯める

 

こんな属性と属性の違いが浮き彫りになりました。

 

そして、この違いが「質問」するときにちょっとしたコミュニケーションのズレを起こしします。

水属性のヒトが火属性の人へ質問するとき

属性の人が属性の人に質問したとき、属性の人は

「つまり何が言いたいの?」などと突っ込むかもしれません。

 

属性が得意な《結論ファースト》や《要点を話す》のは、
話す前にいったん塾考して「思考の編集作業」を挟むからできるため、
思いついたことを尾もついたときに話したい属性の人は結論ファーストで話すのが苦手です。

 

 

そして、そもそも属性の人は思いついたことを即座に言葉にしているため、
《別に深い意味があって質問をしているわけではないから、属性に対して深い回答は求めていない》のが実態です。

 

 

こんな風に属性の方は自分と間逆の、

「思いついたことを思いついたときに話したい属性の人が存在するんだな~」

と理解してみてください。

 

 

とうわけで、あなたがどんな属性か知りたい方はぜひエレメンツコードの無料診断を受けてみてください。

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、□トイダスのサイ...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事