広い意味で「共に生きよう」

「共存」というのは、なにも、

「ひとつの場所でみんなで仲良く暮らす」

という意味だけではないはずです。

「離れて別々に暮らし、お互いの場所を侵害しあわない」

というのも、立派な「共存」なのではないでしょうか。

 

 

「分かり合おう」とか、

「ひとつになろう」とか、

「仲良くしよう」とか、

それらはとても素晴らしいことですが、それだけに固執しないようにしたいもの。

 

 

みんながみんな、同じ場所では暮らせません。

魚は陸上にあがってはこられないし、

猿は海の中では溺れてしまうし、

白熊が砂漠ではのぼせ死んでしまう一方で、

ラクダも北極では凍え死んでしまいます。

 

お互いに、「理解しあえない」ことを、ただただ「受け入れあい」、それぞれの場所で暮らしています。

その全てを包括して、今日も地球は美しいのと同じように。

 

 

一緒にはいられなくても、

理解しあえなくても、

遠く離れていても、

結局はこの地球の上で、それぞれで一生懸命に生きていて。

それだけで素晴らしい。

それだけで「共存」している。

 

 

そんなふうに、

「共に生きる」

という言葉を、もっともっと広い意味で使っていく。

 

 

僕らは今きっと、「さよなら」をもっとうまく言えるようになった方が、本当に平和で平穏な、豊かな暮らしにたどり着けるんじゃないかと思います。

ひとつになろうとしない。
正しくなろうとしない。

この人と一緒にいると苦しいなって思える人には、ちゃんと、「さよなら」を言えるように。

 

分かりあえるよう、もっと努力しなくちゃ、だとか。

同じ人間なんだから話せば分かりあえる、だとか。

ここで諦めてしまうのは「逃げ」で、それは良くないことだ、とか。

これまで、どこにも逃げ場がなかった時代の僕らは、きっとそうやって頑張って耐えてきたんだと思います。

けれども、もうきっと自由になれる時代が来ています。

心はもちろんそうだし、物理的にも、きっと今までよりずっと。

苦しい場所で頑張り続けなくても、もっと呼吸のしやすい場所は、きっと見つかります。

 

 

自分のことも、そして他人のことも、誰も否定することなく、自分が生きられる場所で生きて、それで「共存」できる道が、きっとあるはずなんです。

 

 

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギー...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
 エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。   エレメンツコードの「お試し」には、□ト...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通して自分自身を知りたい!!具体的に悩みを解決する方法を知...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事