本当に「見た目通り」?

「人は見た目によらない」ってよく言いますが、

それって本当なんでしょうか?

   

「人は見た目によらない」?

立地分析の仕事が大詰めになり、集中するために1週間ほどホテルにカンヅメだった。

食事のためにホテルを出て、歩いていると、横目に自転車が近づいてくるのが見える。

真面目そうな風貌の女性が乗ったその自転車は、僕のすぐ目の前を横切っていった。

危ないなと思う。

そのすぐ後ろから、もう一台自転車が来る。

後ろから来た自転車には、金髪の若いヤンママ風の女性が乗っている。

僕は少し身構える。

金髪の女性は、ハンドルを切って僕の後ろを通りすぎていった。

だからどうではなく、ただ目の前で起きたことをそのまま書いただけですが、

これだけでも考えることがありますよね。

 

 

まず、危ないよね、人の目の前を横切るの。

自転車に乗ってる本人からすると

「ぶつからないようにしてるから大丈夫です!」

って思うのかもしれないけど、そういうことじゃないですよね。

自転車にしても車にしても、乗ってる側とそうじゃない側とでの感覚の違いがあります。

 

 

「人は見た目によらないね!」っていうのも、浮かんでくることかと思います。

 

往々にして「真面目そうな風貌の女性」の方が

そこらへんには正しく気を使えるような印象があるし、

逆に「ヤンママ風の女性」は他人に迷惑をかけやすいと思ってしまうかもしれない。

 

世間一般の感覚に落とし込むとそうなりやすいんだけど、

でもだからこそ、こういう「人は見た目によらない」エピソードはそこかしこにあるわけで。

だがしかし、ここで僕には疑問が生じる。

本当に、「人は見た目によらない」のだろうか?

つまり、

「真面目そうな風貌の方が人に気を使えて、

見た目が派手な人の方が他人の無頓着」

というのが、正しい見方なのだろうかと。

属性を考えれば納得

要するに僕はこれ、

「そもそも、なぜその見た目かを考えた時に、

むしろ見た目通りの行動だったのかもしれない」

と思ったのです。

エレコ的な見方をすると、その可能性が出てきます。

 

エレコ的に見た時に、

「真面目そうな風貌の女性」と「派手な見た目のヤンママ風女性」が

それぞれどの属性なのかを考えるところから始めます。

まず、「真面目そう」ってキーワードを挙げた時に

大体多くの人は「」を思い浮かべると思うんですよね。

まぁ女性だしその可能性は高いと思います。

ただ、

「真面目そうな見た目」をするのが「」人間だけだと思ったら大間違いなんですよ。

もう少し正確には、

」の人は調和・協調を重んじるので

TPOをしっかり弁えることもできるし、

奇抜な格好で周りからひんしゅくを買うのも嫌だから

結果的に無難な格好に落ち着きやすい、

というだけの話です。

 

」人間の真面目そうな格好というのは、そういう結果論ではあります。

なので、他の属性にも「真面目そうな見た目」をする理由があればするのです。

まぁ、「」が強いと真面目な格好は息が詰まりやすいので、

一番可能性は低いと思いますが・・・・

しかし、「」と「」にはそれぞれ真面目そうな格好をする理由があります。

」のリスクヘッジ、「」の見栄

」は、ファッションにこだわりがある人を除けば、

そもそも服装にまったく興味が無い場合もあります。

で、引きこもっていたりコミュニケーションを無視したりしていいなら、

本当にテキトーな格好をするんですよ。

けれども、そこそこ社会で生きていると、あまりにも服に頓着が無さ過ぎると

無用なトラブルを生む可能性があり、

それゆえに「考えるのは面倒くさいので正解が知りたい」ってなります。

すると結果的に、

「真面目そうな格好」が一番問題が少なく、

あらゆるところで受け容れられやすいということになり、

「じゃあとりあえず真面目な格好をしておこう

という感じで真面目な格好一択になる「」人間も、わりと多くいると思います。

また、「」も「」で見栄っ張りですからね・・・・

服装というのは、「」にとっては戦闘服みたいなものです。

どんな格好をしているかによって、その人がいるコミュニティでのヒエラルキーが変わります。

そして、概ねママ友界隈っていうのは、

「真面目(≒仕事できそう)」な人が一番強い権力を持つんです。

テキトーな緩い格好をしている人よりも、

「ちゃんとしている」人がエライと見なされる界隈です。

そのため、

」女性は、ビジネスの場みたいながっちりスーツではないとはいえ、

プライベートでもちゃんとした真面目そうな格好をすることが多くなります。

」女子、ヤンキー、やらない

このような感じで、「真面目そうな風貌」のバックグラウンドには、

確かに「」要素が連想されることが多いものの、

」や「」の可能性も結構隠れているということです。

で、そう思ったら話は早いじゃないですか。

」や「」の強い人が・・・・

「目の前を横切ったら危なそうで迷惑だろうな、後ろ側に回ろう」

なんていう気の回し方が、できるわけがない!!笑

そんなん、逆に当たり前ですよねと笑

「は?なんでそんなことを気にしなきゃいけないの?

 ぶつからなければいいんでしょ?」

って考えるのがこの属性の思考ですからね・・・・笑

 

というわけで、「真面目そうな風貌」が「」や「」発想からくることも多く、

もしそうであった場合、

「真面目そうな風貌の人ほど

相手のことを慮らずに自分本位な行動を取る」

という因果関係が成り立つわけです。

 

 

一方で・・・・

「派手な見た目のヤンママ風女性」の場合。

じゃあ、どんな属性がこういう格好をさせるかっていうと・・・・

その格好にこだわりがある場合を除き、

基本的には「」側じゃなく「」側ですよね。

」女子、ヤンキー、やらない。

若気の至りはあっても、結婚して子どもができてまで、やらない。

ヤンママ見かけたら多分大体9割くらいは「」人間だと思います笑

気遣いできるヤンキー

が、しかし、「」と一緒にある人間関係の属性が

」側か「」側かは、見た目からだけでは分かりにくいところなんですよ。

ヤンキーっていうと、オラオラしている印象を強く受けるので、

×」側の人なんじゃないかとイメージしがちです。

そして、そういう集団の中心にいるようなヤンキーは往々にしてそうだとは思います。

けれども、実は結構、「×」のヤンキーも多くいるんですよ。

あ、さすがに「」ヤンキーはそんなに多くないかな。

見たことはありますけど。

でもヤンキーで「」は結構いっぱいいます。

(エレコ無料診断でもLINEの写真が明らかにヤンキーやギャルで、

でも診断結果は「×」で・・・・って人は結構見かけました)

で、ここまで書けば後は何となく想像つきますでしょ?

」ってことは、「」が入っているということです。

」が入っているということは、気遣い・配慮ができるということです。

だから、

自転車に乗っていても「歩行者の前を横切るのは危ないな、後ろ側に回ろう」

という意識が、当たり前に出てくるわけですよ。

 

」の共感力や「」の協調性ゆえに

じゃあなぜ、そんな「」がヤンキーみたいな恰好をしているかというと・・・・

これは別に、普段から付き合っているコミュニティの人間の影響だと思います。

」の共感力や「」の協調性は、

すなわち「朱に交われば赤くなる」の最高のチョロいバージョンみたいなものですから。

周りにヤンキーの友達が多ければ、その友達から影響されて

自分もヤンキーみたいな見た目になるのが「」さんらしさです。

ただ、それだけのこと。

©POT(冨樫義博)
Hunter x Hunter 30巻』より引用

なので・・・・

ヤンキーみたいな見た目をしているのも、

そういう友達が多いというだけの「」であり、

」であることからちゃんと周りにも気遣いができるため、

歩行者を慮って安全運転をするということができるのです。

これが、

「派手な見た目のヤンママ風女性だからこそ

他者を慮る行動を取る」

ということの正体です。

全部仮説ではあるけども

全部、想像にすぎませんよ?

たまたま僕の目の前で起きた現象から、ふと脳裏をよぎった考えについて、

エレコ的な切り口から仮説を立てただけです。

その二人の女性の性格・性質もバックグラウンドも、当然僕は知りません。

ただ事実として、「真面目そうな風貌の女性」が自転車で僕の前を横切り、

「派手な見た目のヤンママ風女性」がわざわざハンドルを傾けて僕の後ろ側に回った・・・・

というだけ。

(二人とも自転車に子ども用のシートがついてたからママなんだろうという予想はしました)

それを見て、

「見た目からすると普通は逆だよなぁ、人は見た目によらないなぁ」

って自分が一瞬思ってしまったところから、

「いや待て待て。そもそもその見た目からの印象自体が思い込みでは?」

ってなったので、この考察に至りました。

そして、こういうふうに考えれば、「見た目と行動が一致しない」のではなく、

むしろ「見た目通りの行動を取った」と考えることができるじゃないですか。

面白いなぁと。

 

人間は矛盾した行動はとらない

エレコやってて、色んな人と接してて思うことなんですが・・・・

人間って、実はそんなに「矛盾した行動」は取らないものなんです。

そんなに、っていうか多分絶対に取らない。

矛盾しているように見えた時というのは、どっかしら前提が間違っているということです。

「あの時はこういう行動を取ったのに今回はこういう行動を取った」

みたいに矛盾しているように感じられる時には、

必ずその矛盾を引き起こす理由があります。

 

その理由までちゃんと考慮に入れたら、

「そりゃそうなるか」と納得がいくものであることがほとんど。

最初から最後までその人は、

ちゃんと自分らしく動いてるんだなってことになりますから。

「真面目な人は相手を慮ることができる」と思い込んでしまうと、

現実を見落としてしまうことがあります。

その逆、「見た目が派手な人は他者を蔑ろにする」っていうレッテルも、

正常な人間関係を遠ざけるただの思い込みです。

 

「見た目」も「行動」も、全部同じ、「結果」に過ぎません。

どうしてそんな「見た目」をしているのか。

どうしてそんな「行動」をとったのか。

その動機や発生原因であるその人の本質に目を向けたら、

決して矛盾することは起きないんじゃないかなぁと。

そんなことを考えたのです。

 



4つの属性であなたの才能を紐解きます!

エレメンツコード®︎無料診断レポートはこちらから
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる「パーソナル診断レポート」を、お試しください。 <診断には「LINE」のアカウントが必要です>  パーソナル診断レポート(無料診断)の申込方法(回答時間の目安:20分~25分程度) 下記の申し込み手順に則って、申し込んでください。回答結果を分析したレポートを、「PDFファイル」の形式でお送りいたします。 お申し込みには、「LINEアカウント」が必要となります。  ①下記診断アンケートに回答する(約20分)以下の「診...



***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
  
エレメンツコードとは
エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持っているかを診断するものです。(2019年7月19日付商標登録済み、登録第6163138号) そこまでだったら、巷によくある普通の診断と変わりませんが・・・・エレメンツコードが他の診断と大きく違うのは、その4属性の診断を、「潜在的に自分が持ってる性質(潜在レイヤー)」 「他人から見られている性質(表出レイヤー)」 「本当はこうなりたいという...
 
   
【公式】エレコLINEスタンプシリーズ、好評発売中!

第1弾
林原琢磨のオリジナル性格診断「エレメンツコード®︎」の火(ひーた)、風(かぜすけ)、地(ちーこ)、水(みずっち)のキャラクターたちがLINEスタンプになったよ♪

第2弾
「エレメンツコード®︎」のキャラクターLINEスタンプ第二弾!属性別の表現の違いをお楽しみください!

   
より詳しく知りたい、学びたいという方へオススメ

『グリモワール』~エレメンツコード®の属性別キーワード資料集Ver.3
性格診断 人の心を見える化するツール「エレメンツコード」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナー 林原琢磨

   
Facebookにて情報発信中!フォロー歓迎!
Facebookアカウント
林原 琢磨さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、林原 琢磨さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェア&#x3067...

Twitterアカウント
林原琢磨@エレコと立地とたくまりこ (@takuma_hakobune)さんの最新ツイート。性格診断ツール「エレメンツコード」開発者で分析オタク。「お店の立地」専門コンサルタントで店舗の売上予測スペシャリスト。高円寺にてシェアハウス「たくまりここはうす」運営。たくまりこのたくまの方。エレコ属性は「火風」。色んなことに手を出しているように見えて、本当は不器用なので結局本質的にやっているのは同じことなのです。

 
   

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事