木々が天高く

この地球に生きる多種多様な生命体の中に、
「悪い生き物」なんてものがいないように、
人間の中にも、「悪い人」なんていない。

 

 

鋭い牙や爪でシマウマを襲うライオンは、「悪い生き物」だろうか?

網を張って飛んできた虫を捕まえる蜘蛛は、「悪い生き物」だろうか?

花に擬態するハナカマキリは、「詐欺だ」と罵られるべきだろうか?

総じて、では、肉食動物は「悪い」のだろうか?

 

 

幼い子どもならともかく、分別のつく大人なら、

「それが自然の摂理だよね」

って、受け入れられるはず。

 

どんな生き物だって、一生懸命生きるために、その姿になったんだから。

 

 

 

人間も、そうなんだ。

 

誰かを傷つけようと、
誰かを騙そうと、
誰かを裏切ろうと、
取り返しのつかないことをしようと、

それは、その人が、一生懸命生きている証。

 

たとえ、社会的には「犯罪者」と言われようとも。

「悪い人」なんていない。

それこそ、殺人者だって。
「人を殺してしまう性質を持った人」
というだけの話なんだ。

 

 

 

「良い・悪い」なんて、存在しない。

強いて言えば、

「マジョリティ」から外れれば外れるほど「悪い」って言われるだけ、

なんだ。

 

 

「良い・悪い」を語る時は、気を付けなくちゃ。

誰かを「悪い」と言う時は、きっと自分の立場からそう言ってしまってるだけ。

「その人を理解する気がない時」だ。

 

 

人間関係って、相対的なものだから、そういうことはきっとあるよ。

それこそ、犯罪の被害にあおうものなら、
その加害者を「悪い人」と言いたくなってしまうとは思う。

 

 

けれども、「悪い人」なんて、本当はいない。

人間から見たら、ライオンが悪くは見えないけど、食われるシマウマから見たら・・・・?

というだけの話。

 

 

 

「悪い人」なんて、いない。

 

「誰か」もそうだし、

当然、あなた、自分自身だって、

「悪い人」じゃない。

 

誰かにそう言われるとしたら、ただ、たまたま、
その人と自分の関係性が、うまくいかなかったというだけ。

そこで、自分を責める必要なんて、無い。

 

 

「悪い人」なんて、いない。

ただ、「そういう性質」の人なんだ。

 

そう受け入れ、その視点に立てると、そこには自己否定もなくなる。

 

そこからが、新しい世界の始まり。

 

 

木々が天高く

 

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギー...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
 エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。   エレメンツコードの「お試し」には、□ト...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通して自分自身を知りたい!!具体的に悩みを解決する方法を知...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事