下のこの画像は、Facebookにて流れてきたものです。

これについて、解説してみます。

 

dislikedperson

 

 

これは、「こじらせた自分軸人間」の、嫌われパターンです。

つまり、第1アイデンティティが、「水」「火」の場合、ですね。

 

 

■「別に聞いてもいないのに自分の考えを述べて満足し」
■「相手がどう思うのか考えずに思ったことを口に出し」

こういうことをするのは「水」「火」もあります。
原因は、「風」「地」のダークサイドです。

健康的な「水」は、ただ一方的に自分の気持ちを喋ることはありますが、
基本的に共感力も強いため、それを喋ることで自分と相手が楽しくなるかどうかを敏感に察知します。
自分の気持ちと相手の気持ち、両方を楽しくするために、
「自分が喋る」という行動を取れる時は、健康的です。

また、「火」はそもそもそんなに自分の話を喋らないことも多いです。

しかしながら、「風」がちゃんと発揮できてなくて自己承認欲求が強い時や、
周りにちゃんと認めてもらえてる安心感が薄くて「地」が弱まってる時は、
「水」「火」も、まるで自己正当化をするように、
自分の意見を一方的に発信し、一方的に自分で納得してしまうことがあります。

 

 

 

■「自分の想いを押し付けて認められないと文句を言い」
■「人の悪口ばかり言って自分は何もしようとしない」

これもそうです。

「認められない」と文句を言うのは、「認めてほしい」が暴走しているから。

賞賛を得たいのに得られなくて「風」が欲求不満になったり、
安心できる場がなくて「地」が警戒心むき出しになっていたり。

自分で自分を悪いと思いたくないから、自分では行動しません。
自分で行動してしまったら、自分が悪いと認めることになります。

だから、他人が悪いということにしておき、他人に動かせようとします。

自分の「水」「火」のエネルギーにのみ、閉じこもってしまうわけです。

他人軸の「風」「地」のエネルギーを、全然使えなくなってしまっている状態です。

 

 

 

■「まわりに迷惑をかけていることさえ全く気付かない」

まわりを見られなくなる状況・・・・
それがつまり「風」「地」も使えていない状態です。

 

 

 

 

 

第1アイデンティティが自分軸の人は、
どうあっても根本的には「自己中」ではあります。

そして、それ自体は問題ではないのです。

第2の性質として、「風」か「地」のどちらかを持っており、
そのエネルギーを健康的に使えている状態ならば、

「風」なら、周りからの賞賛を得たいがために頑張れるし、
「地」なら、ちゃんと自分の安心できる居場所があればいいのですから。

しかし、」「は、賞賛が得られなくなると、自分の存在意義を見失います。

「風」のエネルギーが滞り、うまく出せなくなるので、どんどん自己中になっていくのです。

」「は、自分の安心できる居場所が確立できていないと、不安で仕方なくなってしまいます。

「地」のエネルギーが出なくなれば、周りの人に対する気遣いなんていうのも、できなくなってきます。

 

 

「水」または「火」の人は、こうして、「嫌われる人」になっていくのです。

 

 

 

 

 

なお、エレメンツコード的見解から、この画像にひとつだけ異を唱えるなら・・・・

「自分のことしか考えない人はいつまでたっても嫌われ」
「相手のことを考えられる人は誰にでも好かれる」

とありますが、これは、ちょっと正確じゃないなと。

エレメンツコード的により正確な言い方に言い換えると、

「風や地のダークサイドを溜めてる自分軸人間は嫌われる」し、
「健康的で気持ちのいい自己中にはちゃんと好きな人がついてくる」ということです。

認められたいのに、認められない!!!

居場所が欲しいのに、居場所が無い!!!

そういうダークサイド蓄積状態を続けてしまうと・・・・
そりゃ、周りの人も、一緒にいたくはなくなるよね、ということです。

 

 

 

ちなみに、この「嫌われる人」は、よく「メンヘラ」と呼ばれる人が多くいます。

エレコ的に言えば、「メンヘラ」とは、「水」「火」も両方有り得ます。

「自分軸人間の不健康状態」が、いわゆる「メンヘラ」のパターンのひとつだからです。

ただ・・・・

自分軸が「火」の人間は、そもそもあんまり自分の想いを外に出したり、
他人とコミュニケーションを取ろうとはしない傾向にあります。

ですので誰かに嫌われたり、という時点で他人と交流を持っているので、
「水」側の人の方が多く見受けられるのです。

したがって、世間一般でよく見かける「メンヘラ」とは、
「居場所を求めて彷徨う発信型」、
つまりまたはのパターンの方が多いと思います。

「火」側のメンヘラは逆にヒキコモリになってしまうことも・・・・)

 

 

 

 

 

また、「他人軸だから嫌われない」ってこともありません。

他人のことを考えている他人軸の人でも、嫌われる人は嫌われるます。

他人軸人間は逆に、自分軸エネルギーでダークサイドを溜め込むことも多いのです。

分かりやすい例が、
「いちいち人の顔色を窺うような人」
ですね。

これは、「水」をこじらせた「地」人間によくあるパターンです。

そういう人もそんなに好かれはしませんよね、
相手のことを考えてはいるのに。

ですから、結局伝えたいことは・・・・

「ダークサイド溜め込まないように生きるようにしましょう」

ということです。

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、以下の2つの方...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事