「水」エネルギーが強い人の、
アバウトさやテキトーさは、
本当に素晴らしいと思います。

 

皮肉じゃなく、本心から。

 

「なんとなく」
「直感」
「フィーリング」
で行動していくそのフットワークの軽さは、とても尊敬します。

 

 

 

ちなみに、僕はよく、「水」の人から、
人の紹介を受けることがあります。

そういう時は、

「なんとなくたくまと合うと思った!」

と、すっごいアバウトな紹介で笑

 

何をもって、なぜそう思ったのか分かりませんけれども、
とても嬉しそうに、テンション高めで連絡をいただきます。

そういったことは1回や2回ではないし、1人や2人でもありません。
というか、「水」の人からの紹介は、ほぼほぼ全部そういう感じです笑

むしろ、人の繋ぎ方のアバウトさから、
「あぁこの人は水の人なんだな笑」
ってことが分かるくらい笑

 

「地」の人は紹介文を詳しく書いてくれますし、
「風」の人は紹介の目的を明確にしてくれますし、
「火」の人はそもそも紹介なんかしてきませんし笑

 

そして、そもそも「紹介」というものをしてくれること自体、
「水」の人が多いのです笑

「水」の人は、沢山の人にフットワーク軽く会いに行ってますから、
そういう機会に恵まれることも多くて、当然といえば当然なのです。

 

 

なので、そうやって「水」の人が、

「面白い人がいたから紹介したい繋げたい!」

と思ってくれるのは、本当に嬉しいことだなぁと思っています。

 

 

 

ただ、その上で・・・・
最近は特に、必ず忘れないようにしています。

 

「水の人が紹介してきてくれたとしても、
僕自身は火のエネルギーの人間である」

ということを。

 

「水」の人のウキウキな感じを丁重に受け取りはするけれども、
僕自身がそのテンションに合わせる必要も、
向こうから推奨された行動を取る義務も、
本当は無いのだということを。

 

 

 

例えば、具体的に言えば・・・・

「水」の人から、

「めっちゃ面白い人だからぜひ会ってみてほしい!」

と言われても、僕は、

「会うべき明確な理由が不明な相手とは会わない」

ということを、基本的には徹底します。

 

その人がどんな人なのか、
何のために合うのか、
時間を割く価値はどこにあるのか、
などなど、そういうことがハッキリしないうちは、

「Facebookで繋がるのはOKですが、会うのはお断りします」

を貫くようにしています。

 

 

これ、昔は、多少OKかと思っていたんですけれども・・・・
今はもう絶対NGにしてます。

 

他人からどれだけ勧められても、
自分の中で確信を得られないうちは、
そこに時間は割きません。

 

「水」の人はフィーリングで色々感じ取れますから、
もし、僕自身も「水」の人間であれば、

「よっしゃーなんかオモロそうだから会おうー!!」

でいいんです。

そもそも、そういう部分で喜びを感じ合える者同士なら、
そういうやりとりで問題ないのです。

 

 

 

でも、大切なことは、

僕はそうじゃない

ということです。

 

僕は、「理由」や「目的」や「意義」が明確になって初めて、
そこに喜びを感じられるタイプの人間です。

何のためか分からない時間っていうのは、
それだけで苦痛に感じてしまいます。

 

 

こういうことは、良い悪いではなく、タイプの違いの問題です

そして、喜びも幸せも、明確な基準があるわけではなく、
「受け取る本人次第」ですから。

誰か他人がどれだけ良いと思ってくれたものでも、
それが僕にとって良いものでなければ、
ただの迷惑にしか感じられないわけです。

 

 

でも、「水」の人の、そのフットワークの軽いアバウトな人繋ぎに、
感謝することも勿論多々あるのです。
ご縁を連れてきてくれること自体は、本当に嬉しいのです。

だからこそ、なのです。

 

「水の人が持ってきてくれたせっかくのご縁を、
『良縁』にしたいと思うからこそ、
水の人のペースに合わせるのではなく、
自分のペースで受け取るようにする」

ということを大事にしていたいと思うのです。

 

せっかく、良かれと思って繋いでくれたんですもの。
その受け取り方を間違えたら、もったいないです。

「ぜひ会ってほしいー!」って言われても、
自分がピンときてないんだったら、
それに乗っかっちゃったらダメなんです。

そういう軽いノリを本当は自分は好きじゃないくせに、
「せっかく紹介されたんだから」とムリヤリ軽い気持ちで会いに行って、
結局やっぱピンとこなかった、ということになったら・・・・

きっと、そういうテキトーなノリで紹介してきた、
「水」の人に対して、不信感が募ってしまいます。
「全然合わないじゃないか」と。

でもそれは、「水」の人のせいじゃなく、
自業自得なんですから。

自分が「水」のエネルギーが無いのにも関わらず、
相手の「水」に圧されて、無理に「水」としての判断を出してしまった、自己責任。

 

 

 

もっと別に言い換えれば・・・・

相手はあるがまま、思ったままに行動した結果の「軽いノリの人繋ぎ」。

ピンときてないのにそれに乗るのは、自分は「自分を偽ってる」じゃないですか。

ピンときてないなら、「ピンときてない」って返すのが、
自分のあるがまま、思ったままの行動でしょ。

 

 

自分は自分を偽っておきながら、
その責任を相手に求めるのは大間違いです。
 

 

良いのです!

ピンとこなかったら、断ってしまえば。

「ありがとう、でもいいやー」で。

「応えないとせっかくの厚意を無下にしてしまう」
なんて思わなくて、良いのです。

むしろ「水」の人は、本当にこっちのためを思ってやってくれていますから、
「水」の人の「厚意」は、人を繋げることそのものには無い場合が多いです。

それよりその一歩先、

「人を繋ぐことでその人たちが幸せになってくれること」

を願ってくれています。

 

 

・・・・その純粋さは、時々、「火」の側の人には欠けてたりもしますね笑

 

とにかく、「水」の人たちは、ただただ本気で厚意ですから。

紹介するよーって言われても、
その紹介を受けない方が自分が幸せになれるなって思ったら、
「気持ちはありがとうー!でも今はこういう理由があるからNoThankYouー!」
って返しておけば、それで問題なく、
大体きれいにその件は終わって、
しかしその「水」の相手とはちゃんと今後も関係を続けられます。

 

 

「火」の人からしたら、「水」のあのテキトーさ、疎ましい時もありますよね笑

でも、だからこそ、「水」の人たちってあんなに幸せそうに、
気楽に生きてられるんですよ笑

それは、僕ら「火」の人間には、なかなか真似できない部分です。

せっかく「水」の人が、その幸せな気持ちをお裾分けしてくれようというのです。

だったら、受け取ってみましょう。

でも、その受け取り方は、自分の受け取りたい方法で良いんです。

 

ダイコンを生で食べるのが好きな人がダイコンをお土産にくれたとしますでしょ。

でも、それを同じように生で食べなくちゃいけない理由なんて、どこにも無いのです。

みそ汁の具にしても、漬物にしてもいい、自分が一番おいしく食べれるやり方でいただいたらいいのです。

「生の方がおいしいのに」と言われたところで、「生は苦手で食べられない」のだったら、料理したっていいじゃないですか。

まぁもちろんそこで、「生で食べろ」と強制してくるようであれば、それは怒っていいですよ笑

けれど、そんなことほとんど有り得ないですから笑

 

 

 

長くなってしまいましたけれども、僕のスタンスを書いておきます。

 

 

水の方々ーーー!!!

これからも、テキトーでアバウトな人繋ぎを、歓迎します!!

そこを、わざわざ無理して「ちゃんと火のたくまにも分かるよう説明しなきゃ」とか、思わないでくれてOKですから!笑

そんなことをしてしまってたら、水の人の良さが逆に損なわれてしまうもの。

あまりにもワケ分からな過ぎたら、聞きますし笑

そんなふうに、僕は僕のペースで受け取りますから、大丈夫。

まぁ、「フィーリングで紹介はするけどたくま(≒火人間)はそもそもフィーリングを喜ぶとは限らないんだな」くらい、分かっておいてもらえれば。

 

 

 

 

というわけで・・・・

「火」人間の方々。

「水」の人からのエネルギーは、こちらが受け取り方を工夫するのが、
本当に一番いいんじゃないかと僕は思っています。

人の紹介だけじゃなくて、何についても、こういう感じなんじゃないかと。
せっかくなのでこちらも工夫してうまく受け取って、活かしていきましょう。

 

「水」人間の方々。

そのまま、そのままでいいです。
時々、うざったかったら、うざったいって言います。
言ったらその時はやめてください。

でも別に行動を改めなくて良いです。
その後もどうぞ、うざったくしてください。

うざったがられないように、とか、きっとムリですから笑
「火」人間の地雷は、「水」人間じゃ絶対に避けられませんから笑

 

 

そんなふうに、お互いの性質を知り合って、良い関係を築いていきましょう。

「火」「水」も、お互いの距離を間違えなければ、
お互いにとってこんなに頼りになる存在もいないんですから。

 

 

 

ちなみに余談ですが・・・・

極端に言うと「水」人間は、「成長」という概念がありません。

色んな方向に沢山選択肢を持つことはできますが、
ひとつの方向について突き進むことはできません。

ですので、改善とか成長とか学習ということを、
「水」の人に期待するのはやめましょう。

その代わりと言っては何ですけれども、
「今度からこうしてくれたらもっと嬉しい」
っていうのを伝えてみましょう。

「水」人間は喜ばせることに貪欲になってくれるので、
喜ばせられるような別のパターンが分かれば、
そっちをやることにも抵抗はありません。

 

 

皆さんが、ご自身の周りにいる「水」人間と、うまくやれますように。

 

 

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、以下の2つの方...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事