悩む人間

地」人間が風」を頑張ろうとする時の問題。

 

マウンティングをしがちになること。

 

普段風」を使い慣れてないから、使い方がヘタックソなんですよ。

そういう所が純粋な風」人間からすると、敬意を払われていないと感じるので、嫌われてしまうのです。

純粋な「風」人間の性質の発揮とは

根っからの風」人間は、風」の性質のプラスもマイナスも、全部セットで持っていますし、それを日頃から発揮して生きています。

 

なので、風」の特徴として「序列を大切にする」という性質があるので、それが「マウンティング」になってしまうことはよくあるのです。

 

 

ただ、一方で、同じく風」の性質には、「責任感を持つ」「下の者たちの面倒を見る」「みんなを引っ張っていく」といった性質もあります。

 

ですので、「上から目線で偉そうなことを言う『代わりに』ちゃんと自分に従ってついてくる人たちのことは守ろうとする」のです。

 

リーダーシップ 

そこを・・・・

 

地」人間が、結果を出したいあまりに、中途半端に風」の性質を頑張って出そうとすると、「目的を達成する」「結果を出す」というプラス点にしかフォーカスがいかないため、「マウンティングする」とか「横暴である」といったマイナス点も、セットでついてきてしまうことを、意識できません。

 

その、同時についてくるマイナス部分をどうやってコントロールするかってところまでは、元々純粋な風」でない人間には、荷が重いことなのです。

 

だから、「マウンティングする」で止まってしまい、相手に悪い印象を与えます。

 

純粋な風」人間は、「マウンティング」もしますが、そのマイナス部分が出た後にはちゃんと、それをフォローするための、他の性質を発揮することもできるのです。

 

ポジティブを発揮しようとすれば、ネガティブもついてくる

 

何でも、「性質」っていうのは、「ポジティブとネガティブは表裏一体セット」であるものです。

 

 

なので、相当意識してコントロールしない限り、「いいとこどり」は難しいと思います。

 

 

地」風」だけに限らず、自分に無い性質を頑張って発揮しようとする時っていうのは、

 

「自分に今は無いプラスのエネルギーを得たいから」

 

という理由がほとんどだと思います。

 

 

地」の人が、結果を出すための風」を頑張るとか、

「水」の人が、ロジカルシンキングのための火」を意識するとか・・・・

 

 

その気持ちは、とても大切です。

 

 

が、しかし、

 

ポジティブなところにばかり目を向けてしまい、そこにセットでやってくるネガティブな部分のコントロールを忘れると、結果的に上手くいかなくなることが多いもの

 

です。

 

 

 

ちなみに余談ですが・・・・

 

「水」が、ロジカルシンキングのために火」を発揮しようとした時のネガティブとしては・・・・

 

火」のロジカルな部分って言うのは、「長年掘り下げ続けた自己分析や思考鍛錬の結果」なんですよ。

その間、他人から理解してもらえない苦しみや、答えが出ない葛藤と戦い続けてきたのです。

 

 後ろ姿 孤独

 

それを、「ロジカルシンキング」なんていう表面的な言葉に憧れただけの人間が、ちょっと練習しただけですぐ得ようなんていうのは、虫が良い話なんです。

 

風」のネガティブに「マウンティング」などがあるように、火」のネガティブには、「孤独」「孤立」などがあります。

 

逆に言えば火」人間は、「孤独」というネガティブとちゃんと付き合い続けた結果として、「自分の中に確固たる世界を構築する」であるとか、「ロジカルに物事を理解する」であるとか、そういうポジティブな側面を作り出せているのです。

 

 

 

 

そういった感じで・・・・

 

必ず、すべての性質において、ポジティブとネガティブは表裏一体のセットです。

 

自分に無い属性のエネルギーを得たい、発揮したいというのであれば、その属性が持っているネガティブな側面も、ちゃんと受け入れる覚悟を持たなければ。

 

そこらへんのコントロールって、どの属性も、簡単なものじゃないんですよ。

 

自分の本来の属性のネガティブだって、ちゃんと扱いきれない人が沢山いるんですから・・・・

 

 

 

得意なはずの属性のネガティブ部分さえちゃんとコントロールできていないうちは、苦手意識のある属性のネガティブなんて、もってのほかなのは当たり前でしょう。

 

 

それを忘れてしまうから、「頑張っているのに認めてもらえない」とかいうことになってしまうのです。

 

頑張っているのは、ポジティブな部分しか見ていないだけで、そこでついてくるネガティブな部分を見て見ぬフリしているから、結果的に周りからは認めてもらえないのです。

 

 

どんだけ結果出してたって、それでマウンティングや横暴ばかり働いて、そのくせ下の者たちに目も掛けないような「エセ風人間」なんて、誰が認めたいと思うんですか。

 

 

そのあたり、選択を間違えないようにしてもらえたらなぁと、切に願います。

 

 

ぶっちゃけ、「自分の苦手な属性のエネルギーを使わなければいけない場面」なんて、そうそう、無いんですから。

だいたい、自分の得意な属性をちゃんと熟知していれば、代用がきく場面ばかり。

 

時々、苦手な方面に頑張る必要があることもありますが、でも、そういう方向性を選んだのは自分自身でしょう。

「頑張らなくてもいい」のに、あえて選んだんだから、ネガティブなことまで抱え込むくらいの覚悟は、当然必要ですよ。

 

 

という、話。

 

「風」を頑張るなら、今まで以上に本気で「地」をやる覚悟が必要

 

草原 空

 

別に、他の属性に意識を向けちゃいけないわけじゃないです。

 

人間、成長欲求っていうのは大切なことですから。

 

けれども、「第1のアイデンティティ」であるものをブレさせてまで、他の属性の方ばかりにいくというのは、それなりの覚悟が必要だってことは、覚えておいた方がいいと思います。

 

 

地」人間が、風」を意識したって、それはそれでいいのです。

 

でも、風」を頑張るなら、それ以上、今まで以上に、もっともっと地」を疎かにしないようにしなくちゃなりません。

 

今までは、慣れていたから無意識でおこなえていたことでも、できなくなりますから。

 

 

今まで当たり前にやれていたことを、

もっと本気でしっかりやれるようになる覚悟。

 

 

「できないこと」に挑戦する時は、同時に、そういう覚悟も試されるのです。

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 

 

エレメンツコードとは

エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギー...
 

   

無料診断レポートはこちら

エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる「パーソナル診断レポート」を、お試しください。 <診断には「LINE」のアカウントが必...
 

   

より詳しく知りたい、学びたいという方へオススメ

オーダーメイド資料付き個別アドバイスレポート

属性キーワード資料集「グリモワール」
性格診断ツール「エレメンツコード」の4属性「風/水/地/火」のそれぞれについて、 「自分らしい生き方のポイント」「やる気の出る褒め言葉」「ビジネスをうまくいかせ...

   

Facebookにて情報発信中!フォロー歓迎!
Facebookアカウント

林原 琢磨さんはFacebookを利用しています。Facebookに...
Twitterアカウント
林原琢磨@エレコと立地とたくまりこ (@takuma_hakobune)さんの最新ツイート。性格診断ツール「エレメンツコード」開発者で分析オタク。「お店の立地」専門コンサルタン...

 
 
 

おすすめの記事