エレメンツコードにおいて、
一番最初にお見せする3つのグラフが重なった図のことを、

 

「心の形」

 

と呼んでいます。

これのことですね。

全体属性グラフサンプル

 

その人の、

「潜在的な自分」
「なりたい理想の自分」
「周りから見られている自分」という、

3つの切り口で、
その人の考え方や感じ方の「輪郭」を表しているからです。

 

これまで、1,000人以上の方々の「心の形」を見てきましたが・・・・

ピタリと同じ形の人は、
1人も見たことがありません。

 

「似たような傾向性」という人は、勿論いるにはいます。
そういう方々は直接お話していても、似た雰囲気を感じます。

けれども、どんなに似ているように見えても、
人間はそれぞれみんな違う個体です。

 

それが、このグラフにも表れてきています。

 

 

お互いの強く持っている属性が共通していれば、
共感し合えるポイントも沢山あるでしょう。

けれども、どれだけ共感し合えても、
「まったく同じ人間」とまで感じられることは、
そう滅多にないハズです。

むしろ、そんな人に出会ったことない人の方が多いでしょう。

 

 

それは、例えば、

「お互いに水のエネルギーが一番強いよね」

っていう間柄でも、

 

「その水のエネルギーの数値は?」と聞けば、

かたや「100」でかたや「80」かもしれませんし、

「水以外の部分のエネルギーは?」と聞けば、

かたや「風も70ある」でかたや「地が80」かもしれません。

さらには、「水のエネルギーが一番強い」という人と、
「水のエネルギーしか持っていない」という人では、
どちらも確かに「水の人」なんですが、
グラフの形は違いますし、行動傾向にも違いは沢山あります。

 

 

ちなみにその一方で、
「水が一番強い人」「火が一番強い人」では、
一見して違うところばかりが目についてしまい、
相容れなさそうに見えますが・・・・

実は、
「お互いに2番目に強いのは風で、
しかもお互いに70で数値も一致」
となれば、その部分では大きな共感を見出せる、ということもあります。

 

 

 

こういう、千者千様の「心の形」を見ていて思うことは、結局のところ、

「みんな違って、みんないい」

に行き着いてしまうのです。

どのグラフも、美しい。

 

 

この「違い」を、お互いが理解することが大切なんだなぁとしみじみ思います。

そして、その上で「どの部分で重なり合えるのか」ということを考えていくのが、
良い人間関係、良い社会を作るために、重要なことなんじゃないかと感じるのです。

 

 

「ひとりひとりの心の形はこんなにも違う」

 

このことをちゃんと知ることが、

「でも僕らはここはこんなにも似ている」

ということに辿り着くための、始まりです。

 

 

***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
 
エレメンツコードとは
 「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持...
 
   
簡単お試し!無料診断はこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる診断を試してみてください。  エレメンツコードの「お試し」には、以下の2つの方...
 
   
個別のご相談やセミナー等はこちら
エレメンツコードで人生をもっと豊かにしたい!という方へ無料お試し診断を体験してみて、よりもっと詳しくエレメンツコードについて知りたい!エレメンツコードを通し...
 
   
Facebookにて情報発信中  
 
   
おすすめの記事