「水」の人が言う「似ている」はアテにならないという話

」の人が言う、

 

「この人と私、超似てる!」

 

「前世は双子だったんじゃないかって思うくらい考え方シンクロ!」

 

みたいなのって、全然アテにならないなと思うわけです(笑)

(エレコで見ると似てるケースの方が少ない)

「水」は「加点方式」、「火」は「比率方式」

」の人の感覚が悪いってわけじゃないですよ。

 

こうなるのは、「似てる」と思う判断基準の違いなんです。

 

 

 

すごくザックリ言いますと、

 

」側の考え方は「加点方式」、「」側の考え方は「比率方式」

 

なのです。

 

 

 

例えば・・・・

 

 

「相手と私で、共通点が40個ある」

 

というだけの情報を得た時・・・・

 

 

 

「40個もーー!!!すごい!!そんなにあるの!?

めっちゃシンクロしてるやーん!!!」

 

って考えるのが、「」。

 

 

 

「そもそも全体でいくつの項目があって、そのうちいくつが共通しているの?

逆にじゃあ、違ってるところはいくつあるの?」

 

って考えるのが、「」です。

 

 

それでもし、

「全体で100個の項目があり、その中で40個が共通してました」というふうになるなら、

「60個は違ってるってことね、じゃあむしろ似ていないと言えるよね」という考え方をしますし、

 

 

「全体で50個の項目があり、その中で40個が共通してました」というなるなら、

「80%が共通しているのか、そしたら似てるって言っても過言ではないかもね」という考え方をします。

「水」思考のメリットとデメリット 

そして・・・・

 

 

「似ているかどうか」というジャッジについてのみ考えれば、大概の場合で、「」側の考え方の方が正確なんですよね。

 

」側の人の考え方だと、「似ている部分はある」というのは間違いではありませんが・・・・

 

「双子かと思うくらいシンクロ!」みたいな判断をするなら、「シンクロ」という言葉を使うなら、ここはパーセント(比率)で考えるのが、概念として正確なんですよね。

 

 

 

だがしかし、良くも悪くも「」属性の人は、「共感」「共有」などのキーワードが念頭にあるので、みんな「似ているところ」にフォーカスがいきます

 

 

こういう性質のおかげでコミュニケーションが円滑に進むというメリットがある反面、こういう性質のせいで「真実や正しい事実が見えにくくなる」というネガティブな効果もあります。

 

 

感情の整理、事実の整理、それらの分類が苦手なので・・・・

 

自分事と他人事を一緒くたにしすぎてしまい、他人の感情を受けすぎて疲弊してしまったり、本来は関係ないはずの物事と結びつけて苦しんでしまったり、ということになりかねません。

 

 

 

まぁ、それはそれで、「」のエネルギーの強い個人個人の課題なので、ここではあまり語りませんが・・・・

 

とにかく、「」の人の思考回路は、そのようにして展開されていっているため、「」の人が言う「似ている」「シンクロ」「きっと私とあの人は同じ属性だと思う」は・・・・当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)。

 

あんまりアテにできません(笑)

「水」の人の情報をキャッチする能力は「火」を凌ぐ

ちなみに、こういうことだけ言うと「」の人がスネてしまいそうなので・・・・(笑)

 

フォロー、になるか分かりませんけれども、ひとつ。

 

 

 

」の人は、言うなれば「得た情報の扱い方」がちょっと苦手なのです。

なんですけど、「情報のキャッチ力」は、「」側の人よりも格段に優れている場合が多いのです。

 

「似ているかどうか」っていう判断は、「情報の扱い方」ですから、「」の人には難しいのは当然。

 

ですけれども・・・・

この人はどんな人か」ということを、沢山感じ取る能力(いわゆるリーディング)は、かなり鋭いものです

 

 

なので、「」の人が「似ている」って言う時は、「どんなところが?」と具体的に聞いて、キャッチした情報を教えてもらうのと・・・・

 

「逆に、違う部分はないの?」って、わざとそっちにフォーカスして聞き出したりします。僕なら。

 

 

それをすることで、

 

「あぁ確かに似てるって言えるかもなぁ」とか、

「いやそこまでいったら似てないでしょ」とか、

 

得た情報からそういう判断を下すのは、僕自身()でやるようにすると・・・・

」の人の判断を鵜呑みにするよりも、正確な答えに辿り着けます。

 

これは、「」の人が、「」の人よりも多くの情報をキャッチするからこそ、成せる技。

こういうコラボで、協力してやっていきましょうぜ、っていう話ですね。



【無料メール講座】自分らしさを発揮して収入アップする“極意”をお伝えします!

あなたの才能を見つけ 自分らしいビジネスを作る <アビリティ・デザイン>メール講座
性格診断 人の心を見える化するツール「エレメンツコード」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナー 林原琢磨



***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
  
エレメンツコードとは
エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持っているかを診断するものです。(2019年7月19日付商標登録済み、登録第6163138号) そこまでだったら、巷によくある普通の診断と変わりませんが・・・・エレメンツコードが他の診断と大きく違うのは、その4属性の診断を、「潜在的に自分が持ってる性質(潜在レイヤー)」 「他人から見られている性質(表出レイヤー)」 「本当はこうなりたいという...
 
   
無料診断レポートはこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる「パーソナル診断レポート」を、お試しください。 <診断には「LINE」のアカウントが必要です>  パーソナル診断レポート(無料診断)の申込方法(回答時間の目安:20分~25分程度) 下記の申し込み手順に則って、申し込んでください。回答結果を分析したレポートを、「PDFファイル」の形式でお送りいたします。 お申し込みには、「LINEアカウント」が必要となります。  ①下記診断アンケートに回答する(約20分)以下の「診...
 
   
【公式】エレコLINEスタンプシリーズ、好評発売中!

第1弾
林原琢磨のオリジナル性格診断「エレメンツコード®︎」の火(ひーた)、風(かぜすけ)、地(ちーこ)、水(みずっち)のキャラクターたちがLINEスタンプになったよ♪

第2弾
「エレメンツコード®︎」のキャラクターLINEスタンプ第二弾!属性別の表現の違いをお楽しみください!

   
より詳しく知りたい、学びたいという方へオススメ

『グリモワール』~エレメンツコード®の属性別キーワード資料集Ver.2
性格診断 人の心を見える化するツール「エレメンツコード」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナー 林原琢磨

   
Facebookにて情報発信中!フォロー歓迎!
Facebookアカウント
林原 琢磨さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、林原 琢磨さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェア&#x3067...

Twitterアカウント
林原琢磨@エレコと立地とたくまりこ (@takuma_hakobune)さんの最新ツイート。性格診断ツール「エレメンツコード」開発者で分析オタク。「お店の立地」専門コンサルタントで店舗の売上予測スペシャリスト。高円寺にてシェアハウス「たくまりここはうす」運営。たくまりこのたくまの方。エレコ属性は「火風」。色んなことに手を出しているように見えて、本当は不器用なので結局本質的にやっているのは同じことなのです。

 
   

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事