「火」の人が「水」の人とコミュニケーションを取る時に大切にしたいこと

よく「」人間は、「」の人とコミュニケーションを取る時に、

 

「自分は全然相手の話に共感できないから、しんどい」

 

というようなことが、よくあります。

 

 

」が相手に求めていることのひとつには、確かに、「共感」ってありますからね。

 

「共感してあげる」っていうスタンスは、「」の人に対して、とても重要なことです。

 

 

 

でもね、これ、本質じゃないんです。

ちょっとだけズレてる。

「水」とのコミュニケーションは「笑い」が鍵!

」の人とコミュニケーションを取る時に、本当に大切にしたいこととは・・・・

 

 

 

 

「喜ばせてあげる」

「笑わせてあげる」

 

っていうことなんです。

 

 

 

 

 

「共感する」というのは、そのための手段の1つに過ぎません。

 

共感してもらえたら嬉しいじゃないですか、相手が共感してくれたって思ったら、嬉しくて笑うじゃないですか。

 

ただそれだけのこと、なんです。

 

 

 

ですので、無理して「共感する」という手段1つにこだわる必要はありません。

 

できないなら、できないで結構です。

 

 

その代わり、何か別の手段で、「相手を喜ばせる・笑わせる」ってことができないかな?と考えてみてください。

「水」人間はとにかく笑わせたら勝ち!

 

僕は・・・・

 

自分のコミュニケーションスキルをアップするために、1番最初に参考にしたのは、「お笑い」でした。

 

そう、「お笑い」はすごく良いんですよ、コミュニケーションに。

 

男性お笑い芸人さんってモテる人多いって聞きますけど、そりゃそうですよね、女性を笑わせられたら、その女性の感情を動かせてるっていうわけですから・・・・

感情が動かされた「」女性は、動かしてくれたその相手に好意を持ちやすくなるものです。

 

 

「論理」や「思考」はあくまで自分自身が相手を理解するためのものですので、コミュニケーションにおいて相手には何のプラスももたらしません。

 

ですので、特に「」側の人と良い関係性を構築するためには、相手の「感情」を動かす、つまり笑わせるということが重要なんです

 

 

 

別に、「笑わせる」手段は、ほんと何だっていいんですよ。

 

芸人さんだって、ネタやスタイルはみんな十人十色じゃないですか。

 

人によっては面白いネタも、他の人が見たらくだらなくて笑えないこともあります。

万人が笑えるものではありません。

 

 

けれども、大切なこととして、「相手(芸人さんにとってはお客さん)を笑わせる」ということは、みんな共通した目的なわけです。

 

 

 

 

どんなスタイルでも構いません。

 

 

勢いで押し切るネタでもいいですし、

面白トークを炸裂させまくるのもいいですし、

ピリッとブラックなジョークをかますでもいいです。

 

 

とにかく、笑わせたら勝ち、です。

 

 

」で、コミュ障と言われるか、そうでないかの境目って、結構この部分・・・・

 

人を笑わせられるかどうか

 

っていうところに懸かっているといっても過言ではありませんよ

論理や思考よりも「笑いのツボ」が合うかどうかが大事 

どんなにオタクで専門バカでも、人を笑わせられる「」はそれだけで受け入れられやすいものです。

 

しかし、論理や思考に走るあまりに、相手の感情を動かせないでいると、そういう「」はなかなか受け入れてもらいにくいのです。

 

 

 

僕も、そんなに面白い方ではありませんが・・・・

 

でも、人と話す時は、TPOにもよりますが、相手の感情を動かそうという意識は持っています。

 

あの手この手で笑ってもらおうと思いながらコミュニケーションを取っています。

 

 

 

ちなみに、僕とまりこのパートナーシップが良いのは、僕のネタがまりこのツボにハマりやすいからです笑

 

シェアハウスの他の誰もがしーんとしてる状況でも、まりこだけは大爆笑してくれることがあります笑

 

この、「笑いのツボ」が合うのは、「」と「」のパートナーシップでとても大切なことなんですよ、本当に。

 

 

どんなに素敵な人でも、ツボが合わない人とはうまくいかなかったですもんね・・・・

だって、日常的にその人を笑わせられないんですもの。

 

でも、まりこは、今までの誰よりも一番笑ってくれるのです。

 

僕の笑いは一般ウケはしないだろうけれども、まりこだけが笑ってくれれば、もうそれで十分ですもの。

大切なのは「相手を笑わせよう」とする意識

パートナーシップだけじゃなく・・・・セミナーやコンサルにおいても、特に相手が「」側の時には、ここを僕は強く意識しています。

 

そのためにくだらないことを言ったり、変な動きをしたり、あれこれいっぱい考えます。

 

力技で押し切って笑わせることもありますし、ちょっとしたジョークがハマってドカンと笑ってもらえることもあります。

 

 

 

でもとにかく大切なことは、「相手を笑わせよう」とする意識なのです

 

ここが、特に、「」の人が「」の人とコミュニケーションを取る時に、超重要になります

 

 

 

「笑わせる」方法はいくらでもあります。

 

「コミュ力」とは、「笑わせ力」と言い換えても良いレベルだと思って、学んでみるのも良いんじゃないかなぁと、オススメしますよ。



【無料メール講座】自分らしさを発揮して収入アップする“極意”をお伝えします!

あなたの才能を見つけ 自分らしいビジネスを作る <アビリティ・デザイン>メール講座
性格診断 人の心を見える化するツール「エレメンツコード」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナー 林原琢磨



***************************** 
***************************** 

elementskeywords-horizontal

***************************** 
***************************** 
  
【回答者にプレゼント!】才能発揮&ビジネスに役立つワークシート10選(PDF)

【エレコを受けたことがある方限定】複業・事業における悩みに関するアンケート
アンケートにご協力いただきありがとうございます。アンケート中の“自分ビジネス”とは、「生活するために十分なお金があったとしても行う、自分がやりたい活動を通して対価を受け取ること」を指します。また「収入」とは、「事業によって受け取った対価(お金、物品、食べ物など)をお金に換算した数値」を指します。

 
エレメンツコードとは
エレメンツコードとは「エレメンツコード」とは、林原琢磨が独自に開発したオリジナルツールで、「風・水・地・火」の4属性の性質について、あなたがどんなエネルギーをどれくらい持っているかを診断するものです。(2019年7月19日付商標登録済み、登録第6163138号) そこまでだったら、巷によくある普通の診断と変わりませんが・・・・エレメンツコードが他の診断と大きく違うのは、その4属性の診断を、「潜在的に自分が持ってる性質(潜在レイヤー)」 「他人から見られている性質(表出レイヤー)」 「本当はこうなりたいという...
 
   
無料診断レポートはこちら
エレメンツコードにご興味を持っていただいた方は、ぜひ一度、無料でできる「パーソナル診断レポート」を、お試しください。 <診断には「LINE」のアカウントが必要です>  パーソナル診断レポート(無料診断)の申込方法(回答時間の目安:20分~25分程度) 下記の申し込み手順に則って、申し込んでください。回答結果を分析したレポートを、「PDFファイル」の形式でお送りいたします。 お申し込みには、「LINEアカウント」が必要となります。  ①下記診断アンケートに回答する(約20分)以下の「診...
 
   
【公式】エレコLINEスタンプシリーズ、好評発売中!

第1弾
林原琢磨のオリジナル性格診断「エレメンツコード®︎」の火(ひーた)、風(かぜすけ)、地(ちーこ)、水(みずっち)のキャラクターたちがLINEスタンプになったよ♪

第2弾
「エレメンツコード®︎」のキャラクターLINEスタンプ第二弾!属性別の表現の違いをお楽しみください!

   
より詳しく知りたい、学びたいという方へオススメ

『グリモワール』~エレメンツコード®の属性別キーワード資料集Ver.2
性格診断 人の心を見える化するツール「エレメンツコード」開発者/ お店の出店「立地」コンサルタント/ シェアハウス「ノア」のオーナー 林原琢磨

   
Facebookにて情報発信中!フォロー歓迎!
Facebookアカウント
林原 琢磨さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、林原 琢磨さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェア&#x3067...

Twitterアカウント
林原琢磨@エレコと立地とたくまりこ (@takuma_hakobune)さんの最新ツイート。性格診断ツール「エレメンツコード」開発者で分析オタク。「お店の立地」専門コンサルタントで店舗の売上予測スペシャリスト。高円寺にてシェアハウス「たくまりここはうす」運営。たくまりこのたくまの方。エレコ属性は「火風」。色んなことに手を出しているように見えて、本当は不器用なので結局本質的にやっているのは同じことなのです。

 
   

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事